住宅ローンのシミュレーション。

Posted on 4月 17th 2014

マンションや一軒家などの不動産を購入することになったときに利用したいのが、「住宅ローンシミュレーター」と呼ばれるサイトです。いろいろな企業や団体が提供しています。
住宅ローンシミュレーターとは、お金に関する項目などに答えていくことで、借り入れ限度額や購入可能額の目安を知ることができるものです。

住宅ローンシミュレーターには、以下の項目があります。

1.税込世帯年収
前年度のものの入力を求められることが多いです。
また、世帯年収ですので共働きの場合は夫婦二人の年収を合算したものを記入します。

2.返済可能金額(月々)
毎月住宅ローンにいくら費やせるかを記入します。
およその目安として、手取り月収の3分の1を住宅費(住宅ローン)にするとバランスが良いとされています。

3.住宅購入時の自己資金
いわゆる”頭金”と呼ばれるものです。
頭金が多ければ多いほど貯蓄能力があるとみなされ、金融機関からの融資を受けやすくなると言われています。

4.年齢
今の年齢を記入します。
年齢が高すぎると完済の可能性が低いとみなされることがあります。

5.返済期間
住宅ローンを何年かけて返済したいかを記入します。
ほとんどの金融機関が最長35年と設定しています。

以上を入力すると、シミュレーション結果があらわれます。

Categories: 不動産関連